スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンパワー構築一例。リザアスグロスルンパバンギブシン

リザードン@命の珠

臆病

H4 C252 S252

実数値

154X98161105167

守る オバヒ 熱風 めざ氷


ラティアス@ハバンの実

臆病

H156 AX B4 C92 D4 S252

実数値

175111142151178

晴れ 電磁波 流星群 サイコショック


メタグロス@ラムの実

意地っ張り

H236 A76B4 Cx D180 S12

実数値

185181151

X

13392

守る バレットP コメットP 思念の頭突き


ルンパッパ@ラムの実

控えめ

H212 A0B4 C76 D12 S206

実数値

1828191132122116

猫騙し 守る ハイドロポンプ ギガドレイン


バンギラス@ヨプの実

意地っ張り

H252 A84 B36 CX D116 S16

実数値

20718113510313583

守る 岩雪崩 桁繰り 噛み砕く


ローブシン@オボンの実

勇敢

H84 A112 B76 CX D236 SX

実数値

1911911257511558

守る マッハP ドレインP しっぺ返し




リザの持ち物を珠として構築してみたPT。サンパワーリザードンの持ち物はほぼスカーフと個人的には決め付けているのだが、場の支配力を更に上げるためには珠や威力アップ系の持ち物を持たせるのも無くはないなと感じて構築してみた


案の定支配力は格段に上がります。日本晴れ+サンパワー+命の珠の破壊力は半減されない限り殆どポケモンがばったばったと死んでいきます。ラティオスの珠流星群終耐えですらオバヒを打ち込めば余裕です。終盤にこのリザが暴れる環境を整えてからリザを後輪させる立ち回りが要求されますが案外すんなり決まる時もあります


簡単に言うと相手に対して詰み状態に持っていくことが理想の立ち回りですね。ただ炎は竜技と違い、半減されることは多いので、相手の炎が通らないポケモンをどう削って終盤のリザの確定範囲にまで持っていけるかが非常に重要になっています

後はリザがスカーフではないので、上から殴られることを阻止しなくてはなりません。重要な立ち回りは二つ


リザより早いポケモンには電磁波を打ち込んでおく

炎が通らない相手は他の面子で倒しておくか、終盤熱風やオバヒ確定に持っていけるまで削っておく


この二つを意識すればおkです。


ただリザ強化を意識しすぎると壊滅状態になることもありますので、ラティアスを大事に使って、晴らす余裕などがなかったら晴れコンボを切り捨てることも大事です。晴れと特性の恩得がないとしても、珠持ちなのでそこそこの働きは期待しても大丈夫ですしね


ラティアスの配分はせみ配分となってます。グロスの米バレ耐え調整と大抵の竜にタイマンで勝てる様にしています。一番の仕事は電磁波撒きですけどね。クレセじゃない理由としてはリザよりも早く晴れが打てる固めのポケモンだからって理由かな?


正直電磁波にしてますけど、追い風でも全然良いと思います。ラティアスの未育成が一体余っているので、暇な時は追い風ラティアスに変えてまわしてみようと思います。多分追い風のが強いと思うんですよね

電磁波の方がのちのちの他の面子が動きやすくなるので得は得なのですが、PT全体的にスカーフワルビアル(電磁波が撒けない)、アタッカークロバット(アスやリザよりも早くアスを処理してくる+猫騙しも無効でありルンパにもブシンにも強い)あたりに弱いのでここは色々弄るべき所なのかも知れませんね


他のポケモンを軽く解説

メタグロスは157-127オボンFCロトムを思念の頭突きで確定3発。205メタグロスの75%地震2発耐え。156ルンパッパの雨珠ハイドロポンプ耐えにしてあります

ルンパは他のPTからの使いまわしなので特にこれといった調整はしていません。対雨の時や猫騙しや水技草技必須な時に選出する感じです

バンギラスもせみさん配分です。ブシンは珠流星耐えと178グロスの米3回耐えにしてあります。後は対トリルではこの人の立ち回りで勝負が左右される感じですね


基本的に過去の日記で言っていますが4世代までのリザ考察まとめ
←リザは強化してまでメインに置くポケモンではないと思っています。あくまでメタ要因のメタ。と言う認識は変わっていません。ですがこの構築はリザの強化を一番のコンボ要素として組み込んでいます。サンパワーと言う特性の火力をどこまで伸ばして無双していくか?の様なコンセプトですし

ただ正直な所は強いことは強いです。ただ安定して何十連勝とするためにはやはりこれ一本に絞る構築には少々疑問が残った構築でもありました。勝てない時は本当勝てませんしね。相手の方がレート1800代後半な時とかは勝率糞悪かったですし


レートでは何とかギリ1800台にまで載せることは出来ましたが、立ち回っていて非常に疲れる構築でもあったのであんまり僕には向いていないのかも知れません。サンパワはメインに置く構築でも動けないことはない。がサンパワはあくまで一つの勝ち筋でしかなく、そこまで執着して発動させるべき特性ではないのかなぁと感じた感じ

そんな感じで次は↑のことを踏まえた上での構築を作ってみましたがまとめるのはまた今度。育成論でもこんど書くかな

スポンサーサイト

サンパワー構築一例。エルフリザテラキラティトドンカポ

エルフーン@気合の襷

臆病

H252 D4 S252

実数値

167X1059796184

袋叩き 日本晴れ 追い風 宿木の種


リザードン@拘りスカーフ

臆病

H4 C252 S252

実数値

154X98161105167

オバヒ 熱風 エアスラ めざ氷


テラキオン@シュカの実

陽気

H4 A252 S252

実数値

167181110X110176

守る 岩雪崩 地震 インファイト


ラティオス@命の珠

臆病

H4 C252 S252

実数値

156X100182130178

守る 流星群 サイコショック 10万ボルト


トリトドン@リンドの実

穏やか

H196 Ax B172 C68 D64 S12

実数値

211X11012112161

守る 大地の力 冷凍ビーム 自己再生


カポエラー@格闘ジュエル

意地っ張り

H252 A76 B60 D84 S36

実数値

1571371254914195

猫だまし 見切り インファイト 不意打ち




BW環境になって、初めて本格的な構築例を書きます。今までは旧作での構築しかまとめていなかったので

僕のブログをわざわざ見に来てくれる人は「サンパワーってどう使うんだよ?」みたいな人が多いと思うのでサンパワーリザードンを使ったダブル構築でも纏めていきます


まずコンセプトとしては簡単です。晴れを仕込んだエルフーンとサンパワーリザードンを組ませよう!と誰でも思いつく構築の例です

スカーフリザードンより早く日本晴れを打てるポケモンと言うのは限られてきます。結構いるっちゃいるんですけどね。エルフは悪戯心なんで別に変な調整をしなくても簡単にリザの上から晴れにすることが出来ます

なので相手の面子を見て炎の一貫性が高かったらそのまま先発に出してごり押しって言うのが一番簡単です。ただ中々そうはいかないのが現状ですね。炎受けは間違いなくいますし、耐えて反撃で乙って場面も多々あると思います

サンパワーリザードンが一番輝く場面と言うのは最初に暴れて相手のPTを半壊させる+最後の詰み手段として投げる の二種類の使い方がベストだと思います


そのごり押し+もう一つのごり押し性能として袋叩きのギミックも入れています。袋叩きで攻撃が上昇したテラキオン+追い風まで打てればかなりの性能になります。が、袋テラキはリザと同様はまれば鬼性能ですが、結構止まりやすいです

スカーフの両立が出来れば良いのですが中々ね…テラキは結構早い部類のポケモンですが弱点が多い、マッパやバレパンでも致命傷になってしまうので…そして自分より早いポケモンにはトコトン弱いです。それを補うための追い風です。追い風は地味にスカリザの強化や後続の強化にも繋がることにもなります

雨化でラティオスやリザがキングドラやルンパより早く動ける点はかなり重要です


リザの炎が通らないシャンデラ、ヒードラン、岩タイプ、竜タイプ、水タイプにはテラキとラティオスでどう駆除していくかの立ち回りが求められます。逆にテラキが苦手としている格闘はリザとラティオスと威嚇カポでカバーしていく感じです。テラキとラティオスが苦手としているグロスは早めにリザでケリをつけましょう


残りポケの解説としては

トリトドンはリザでグロスを狩れなかった場合、かなり厳しい戦いを強いられてくるのでグロスを倒す第二の枠。後はリザとテラキに飛んでくる水を吸う役目です火力は大地の力で187-133メタグロスを2確。特殊耐久は臆病ラティオスの眼鏡流星耐えまで上げています

カポはジュエルインファイトで殆どのバンギを確定。A181メタグロスの思念の頭突き耐え。臆病ラティオスの珠流星耐え。追い風化で120族抜きにしてあります


このPTの弱点として鋼ポケモンがいない為、相手の竜技の通りが非常にキツいです。相手の竜と鋼ポケモンをいかに上から早めに潰していくのか?みたいな立ち回りを求められます

エルフの技を使う優先度としては追い風>袋叩き≧日本晴れを意識した方が良いです。勿論場面場面で使う技を選んではいくんですけど追い風がないと相手の高速ドラゴンポケモンとスカシャンデラ、ドリュウズあたりにふるぼっこされてしまうので


逆に言えば相手の高速ポケモンにSでアドを取れると相手は守って来るか先制技で来るのか交換で時間を稼ごうとしてくることが多いので、その隙をついてドンドン自身を強化して最終的に最後の詰み段階にまで持っていけたら理想です


もう一つとしてはトリパにはちょっと弱いというか、トリル始動時に高威力技を叩きこんで、トリルが決まってからはトドンとカポで凌ぎつつ耐えると言う立ち回りになってしまうので、一番の弱点かも知れません


この二つの弱点に強くしたい場合はミガワリ君のブログ にエルフコバルオンの構築が書いてあります。この記事を読んだのは最近なのですが良く出来ているなぁと関心せざるを得ませんね。弱点である竜技に強くなる鋼、先制技にも強くなれる、トドンのSをトリル化のグロスメタにあわせて調整しているみたいです

僕も時間があればこの構築を少し改造した僕なりのエルフーンコバルオンリザードンを作ってみたいですね

プロフィール

muneharu621118

Author:muneharu621118
MU@宗治です。爬虫類、古代魚、刺青、車、バイク、漫画、ゲーム等全般が好きです
一言で説明するならば駄目人間です
mixi
twitter
facebook

カテゴリ
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。