スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WCSがそろそろ始まりますね

だから何?wって言う人が大半でしょうけども。明日からWCSの予選が始まりますねえ(´・ω・`)

僕はまだ当選結果が出てない地区なので対戦をあまりしていませんが、知り合いの人達には頑張ってもらいたいもんです(・∀・)はい!

んでこうたまに色々ネット徘徊をしたりして情報を調べたりする時があるのですが・・・俺ってまだ叩かれたりしてるんですねえ(´・ω・`)久しぶりに見てびっくりしましたよw泣きたくなっちゃった

確かにゲームの大会とか、オタ系イベントで自分が浮く見た目をしてるのはわかってる(´・ω・`)

でもそれがわかってるからこそ会場では変な態度とらない様に気をつけたり、隅っこでじっとしてたりすることを心がけていたのですが・・・なんか見た目だけで判断されるのって辛いですね(´・ω・`)刺青は俺の非かも知れないけどそれ以外は生まれつきだってのに(´・ω・`)


あとはリザードンを好んで使うんですね僕。理由は好きだからとしか言えません(´・ω・`)勝率が安定しにくいのはわかっているんですけどね。でも「リザードン使ってるから運だけで勝ってる人」って思われるのが凄い悔しい

俺はリザードンを使うに至っての劣化点や差別点、その他の面を理解はしているつもり。それを踏まえた上での役割、仮想敵、ほかの3匹のバランスも考えて、構築してる。自己満と思われるのは仕方ないかも知れないけど考えて調整して作ってるつもり(´・ω・`)決して諦めたり妥協して構築してるわけじゃない

ただ何も考えないでマイナーパを使ってる人や、何にも考えないで強いポケモン4匹取り合えず組むとか人は嫌い

どんなポケモンを使うにしろ、そいつがどれだけ活躍出来るか考えて

残りの3匹でどう勝ち筋を生かしていくのか?

最終的に4匹のバランスや仮想敵、苦手な敵を把握してそいつにどうやって勝つのか?

運要素も頭に入れて、その運のアドをどれだけこちらに見方に付けれるのか?

ここまで考えないでPTを組む人は個人的にだけど嫌い(*´・ω・)(・ω・`*)


ちゃんと考えてPTを作る人ってのは2種類いると思う。

PTの構築に至って色々使いまくって、徐々に調整して把握していくタイプ。脳内で何度も考えて最終的に育成に入り、完成したPTでプレイングを磨いていくタイプの2つ。俺はどちらかと言えば後者です

好きなポケモン使って勝つのって格好良いし、気分が良い。考え抜いた構築を作った達成感。とかは凄いなんとも言えない気持ちになる(ΦωΦ)

微妙なポケモンかませてても安定ある構築って言って俺を評価してくれる人も沢山いる。俺個人を気に入ってくれて、応援してくれる人も沢山いる。それは本当に感謝しなきゃいけないなあとも思う(ノ∀`)

ただネタパとかになってしまうと対戦相手にも失礼だし、好きなポケモンを生かす構築を出来てない自分の非になると思います。言い訳とかは論外ですしね。そんなこんなで脳内構築に時間がかかりすぎてしまい、中々PT完成にまで至らないという・・・


今回のGSルールでは正直リザードンが本当使いにくい。グロスの数は想像していたより減りませんでしたが(つーかグロスやっぱり優遇されすぎw)オーガの雨で炎威力ダウンが一番使いにくいなって感じますねえ。特殊アタッカーなので火力が足りないって言うのもでかい

ただ今のPTを試しにリザードンから猿に変えると勝率が面白いほどあがりました。やはり猫だましと物理格闘と微妙な素早さの高さってのは素晴しいと思いました。個人的に猿はGSでもかなり強いと思います。もちろん使い方次第ですけど

リザの利点の地震無効ってのが今回のルールではあまり利点にならない。エアスラの火力が微妙に物足りない。竜の波動も種族値の影響で抜群とっても微妙。特性を生かす炎技は抵抗持ち多数。オーガが出てきただけで終了。等と想像していた以上に刺さりにくいのが頭を悩ませています


確かに霞や初手ディアルガドーブル等には刺さるのですがそれなら猿でいいじゃん。となる現状も辛いですね。猿はその他にも色々出来るし、やっぱり物理格闘ってのが確定的な差

一回ここで動けるとかなり楽になる!!って状態でパルキアと対峙していた時とかに運ゲになるのも辛い。ここでも猿だと一回は動ける

あとは地味にバンギが辛くなる。ここでも猿ならば・・・ってなってしまう。あとたまに出てくるガブリアスとかが来たときも困りましたね。よくよく考えるとガブもPT次第じゃかなり刺さるポケモンだなあと思いました


場を乱す嫌がらせで使えるポケモンでもないし今回は本当にリザードンが活躍するのは難しいとシミジミ思いました。素早さ100族ってのは確かにアドがでかいですけどそれこそ猿でいい話ですし。

ホウオウの禁止枠仕様をさけるポケモンとして使えるかもとも思いましたが物理アタッカーと特殊アタッカーでまた話が変わってきますし、耐久力の差で同一視して語れるほど近いポケモンでもないなあと感じることも多数でした


まあ結論としてリザードンは想像でも辛かったですが、実際はそれ以上に辛い。ってことですね。

だからこそ構築とかプレイングに力が入るんですけどねん(´・ω・`)割り切った使い方をすれば全く使えないってこともない。エアスラと波動で禁止枠のポケを削れるだけでもおk。相手からしてみたら微妙に削られて行くことと先手のエアスラが地味に嫌だと思うので。スカーフでもタスキでも結構うざいし、相方次第じゃ相手も動きづらい状況ってのも出せることでしょう

相変わらずルンパには結構強気で行けますしね!(すいすいきついけどw)残りの3匹の調整振り次第じゃ削ることも最終的には生きると思います(`・ω・´)


でもぶっちゃけ今年はちょっと自信ないかな?w言い訳は論外の糞発言なんだけど。去年ほど

「これだ!!」

って構築にいまだ辿りつけてない・゚・(つД`)・゚・ 大会にまで間に合うといいんだけれども(´・ω・`)

スポンサーサイト
プロフィール

muneharu621118

Author:muneharu621118
MU@宗治です。爬虫類、古代魚、刺青、車、バイク、漫画、ゲーム等全般が好きです
一言で説明するならば駄目人間です
mixi
twitter
facebook

カテゴリ
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。